屋久島農園再生プロジェクト

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
第64話 2012年11月 一番大事なこと
第64話 2012年11月 一番大事なこと

第63話 2012年11月 農家なんだけど、農家じゃないような日々のハイライト】
YACTIVE発足からわずか半月。この他にも研修や来客の対応など、農作業以外のことに使う時間は増えていくのであった。
そんな折、島外からの来客が。
ハルオJrにとって、重要な一言がそのお客さんから発せられるのであった。


登場人物一覧


―――2012年11月 下ン牧邸―――


下ン牧さん:「ハルオJr。もうすぐ私の知人が屋久島に来るのよ。屋久島の未来について考えてくれる人。」


ハルオJr:「というと?」


下:「彼は投資家でね。もし、屋久島で島の将来に対して面白い企画やプロジェクトがあれば、企画立案のお手伝いなんかしてくれるって話なのよ。」


Jr:「プロの企画家の方なんですか!?それはすごい!」


下:「彼は小電力発電についてのプロジェクトをやってるんだけど、それの内容について話を聞こうって思ってるの。屋久島でもできるのかどうか?ってね。」


Jr:「ほえー!ますますすごい!!」


下:「でしょう?だからあなたも一度会ってみない?」


Jr:「ぜひ!お願いします!!」


―――数日後、某所での会合―――


企画家:「どうも。」


Jr:「よろしくお願いします。」


下:「今、彼が屋久島農園再生プロジェクトをやってるんだけど、今度ヤクティブっていう新しい試みを始めようとしているのよ~。」


企:「ほほー。」


下:「ヤクティブっていうのが、農園再生に福祉とか雇用っていうのを組み合わせた形なの。」
関連エントリ:第50話 2012年9月 農業と福祉のコラボへ
第52話 2012年9月 YACTIVE構想



企:「それは面白いかもですね。」


Jr:「ありがとうございます!」


―――しばらく発電システムについての話―――


参加者A:「小電力発電ことについては分かりましたが、屋久島のために投資をしていただけたりするんですか?」


企:「屋久島の人に『これがしたい!』というものがあれば検討してもいいですよ。」


企:「こちらが屋久島のために、と思って何か考えたとしても状況も経緯も分かりません。屋久島に生きる人にしか分からないことってあると思います。私たちが立案して何か始めてもそれは押し付けでしかありません。
だから、島の人がしたいことがあって、それに賛同できれば協力はできると考えています。」


農園再生64話c


Jr:(『島の人がしたいことがあって、それに賛同できれば協力はできる』!!)


Jr:(やっぱり企画が面白かったり、意義があると感じられれば賛同者は得られるってことか!)


Jr:(分かってはいたけど…ホンモノの投資家で企画家の言葉は…間違いない…!!)


Jr:(ということは…屋久島農園再生プロジェクトをYACTIVEという連携で生かしていければ…!)


Jr:(プロジェクトはもっと広がって目的を達成することも夢じゃなくなるかも…!?)


Jr:「ですよね!そうですよね!!」


企&A「??」


下:(フフフ…何か掴んだようね。」


Jr:(YACTIVEはまだ生まれたて。…完成形のビジョンを早く考えよう…!!)


来訪者の言葉に何かをつかんだハルオJr。
屋久島農園再生プロジェクトとYACTIVEのビジョンについて考える日々がはじまる。
そんな中、農園再生プロジェクトはイベントを進めていくのであった。
次回"第65話 2012年11月 プロジェクトの未来に向けて"に続く。


登場人物一覧


バックナンバー
第1章 「農園再生導入編」まとめ(第1話~第14話)
第2章 「プロジェクト始動編」まとめ(第15話~第25話)
第26話 2011年12月 第一号モニター
第27話 2011年12月 平地と斜面
第28話 2011年12月 息子よ、サポートメンバーは集まっているか
第29話 2012年3月 こだわりの土づくり
第30話 2012年3月 土作りの次は栄養を
第31話 2012年4月 予想外のスピード
第32話 2012年4月 太陽の恵みを取り込め
第33話 2012年4月 激論!父vs子
第34話 2012年5月 いつもの作業風景
第35話 2012年5月 電気を通すために
第36話 2012年6月 世代交代?
第37話 2012年6月 無視できない存在
第38話 2012年6月 備えあれば
第39話 2012年6月 ハルオJrへの相談
第40話 2012年7月 父の正論と息子の理論
第41話 2012年7月 ナカラセくん召喚
第42話 2012年7月 園長のお話
第43話 2012年7月 そうだ、研修に行こう!
第44話 2012年7月 お前の考えてる事が分からない
第45話 2012年7月 それこそが村おこし!
第46話 2012年8月 東京からの応援団
第47話 2012年8月 農園再生プロジェクトver.2.0
第48話 2012年8月 自分にはない才能
第49話 2012年8月 変色の病
第50話 2012年9月 農業と福祉のコラボへ
第51話 2012年9月 農園再生プロジェクトの意義
第52話 2012年9月 YACTIVE構想
第53話 2012年9月 まきこんだ広がりのその先
第54話 2012年9月 再生農園を見に行こう
第55話 2012年9月 ピンポイント暴風
第56話 2012年10月 ハルオJr一日講師in安房中学校
第57話 2012年10月 高校生ハルオJrの戦略
第58話 2012年10月 復活の兆し
第59話 2012年10月 ランチパーティー
第60話 2012年11月 旧友との再会
第61話 2012年11月 ハルオJrデザイナーデビュー?
第62話 2012年11月 耕作放棄地対策を見せて
第63話 2012年11月 農家なんだけど、農家じゃないような日々
スポンサーサイト
[2013/11/25 23:29 ] | 農園再生プロジェクト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
第63話 農家なんだけど、農家じゃないような日々
第63話 2012年11月 農家なんだけど、農家じゃないような日々

第62話 2012年11月 耕作放棄地対策を見せてのハイライト】
県の農林水産課から耕作放棄地対策の事例として農園を見せてほしいと依頼されたハルオJr。
早くも公的機関から注目されたことを喜ぶのであった。
そして後日、実際に屋久島農園再生プロジェクトは事例発表に使われるのである。
YACTIVEを立ち上げて半年。ハルオJrの日々に少しづつ変化が訪れるのであった。


登場人物一覧


―――2012年11月―――


prrrrrrガチャ
ハルオJr:「はい。ハルオJrです。」


印刷三世:「よお!久しぶり!!」


解説:印刷三世は大学時代の友人で、家業が印刷会社。
家業の印刷会社で営業として頑張っています。将来は三代目社長予定です。



三世:「お願いがあって連絡したんだけどさー。」


Jr:「何?」


三世:「ハルオJrのブログ見てて思ったんだけど、イラストうまいよね?」


Jr:「そう?ありがとう。」


三世:「特に似顔絵得意みたいじゃない?」


Jr:「そうでもないけど。」


三世:「でさ、お願いなんだけど、今度うちで使うイラストの原案考えてくれない?
    ちゃんと仕上げはプロに頼むからさ。」


Jr:「えー?」


三世:「頼むよ。な?お願い!!」


Jr:「…やってみるよ…。」


―――別の日―――


ナカラセくん:「今度、屋久島の世界遺産関連のイベントでパネルディスカッションのパネラーになりました!」


Jr:「まじで!?すごいじゃん!!」


ナ:「そうでもないっすよ。」


Jr:「いついつ?絶対に見に行くからね!!」


下ン牧さん:「面白そうね!私も行きたーい。」


Jr:「じゃあ、一緒に応援に行きますか!」


下:「いいわね!それはそうと、あなたが企画したタオル、発注分が届いたわよ。」


Jr:「お?マジっすか!?」


下:「パッケージの帯も届いたし。」


Jr:「それは見たいです!!」


下:「価格や販路についてもちょっと打ち合わせましょう。」


Jr:「了解です!!」


―――別の日―――


ハルオ父:「げじべえ通販のカタログのデザインはどうなってる?」


Jr:「ああ、出来てるよ。」


父:「じゃあ、次は送る段取りだな。発送用の封筒と切手の手配をしておいてくれ。」


Jr:「分かった。」


父:「それから、送り先のピックアップと宛名の印刷もな。」


Jr:「了解。」


父:「それはそうと、最近農作業の従事時間が少なくってるんじゃないか?」


Jr:「…えーたしかに。」


父:「人の二倍は農作業をするようでないと、一人前にはなれんぞ。」


Jr:「…うーん。」


IMG_20131106_012658.jpg


Jr:(確かにここのところ、半日しかできない日とか、全くできない日とかあるよなぁ…。)


Jr:(かといって、農作業の時間を増やす…っていうのも物理的に厳しいしなぁ。
   なんてたって、昼間にしかできないからなぁ…。)


Jr:(うまいこと、効率的に作業をする方法を考えなきゃな…。)


YACTIVE発足からわずか半月。この他にも研修や来客の対応など、
農作業以外のことに使う時間は増えていくのであった。
しかし、農園再生プロジェクトもYACTIVEも、企画やシステムの準備が必要。
時間の使い方と農作業の効率化はこれから先、ハルオJrの永遠の課題となっていくのである。
そんな折、島外からの来客が。
ハルオJrにとって、重要な一言がそのお客さんから発せられるのであった。
次回、"第64話 2012年11月 一番大事なこと″に続く。


登場人物一覧


第1章 「農園再生導入編」まとめ(第1話~第14話)
第2章 「プロジェクト始動編」まとめ(第15話~第25話)
第26話 2011年12月 第一号モニター
第27話 2011年12月 平地と斜面
第28話 2011年12月 息子よ、サポートメンバーは集まっているか
第29話 2012年3月 こだわりの土づくり
第30話 2012年3月 土作りの次は栄養を
第31話 2012年4月 予想外のスピード
第32話 2012年4月 太陽の恵みを取り込め
第33話 2012年4月 激論!父vs子
第34話 2012年5月 いつもの作業風景
第35話 2012年5月 電気を通すために
第36話 2012年6月 世代交代?
第37話 2012年6月 無視できない存在
第38話 2012年6月 備えあれば
第39話 2012年6月 ハルオJrへの相談
第40話 2012年7月 父の正論と息子の理論
第41話 2012年7月 ナカラセくん召喚
第42話 2012年7月 園長のお話
第43話 2012年7月 そうだ、研修に行こう!
第44話 2012年7月 お前の考えてる事が分からない
第45話 2012年7月 それこそが村おこし!
第46話 2012年8月 東京からの応援団
第47話 2012年8月 農園再生プロジェクトver.2.0
第48話 2012年8月 自分にはない才能
第49話 2012年8月 変色の病
第50話 2012年9月 農業と福祉のコラボへ
第51話 2012年9月 農園再生プロジェクトの意義
第52話 2012年9月 YACTIVE構想
第53話 2012年9月 まきこんだ広がりのその先
第54話 2012年9月 再生農園を見に行こう
第55話 2012年9月 ピンポイント暴風
第56話 2012年10月 ハルオJr一日講師in安房中学校
第57話 2012年10月 高校生ハルオJrの戦略
第58話 2012年10月 復活の兆し
第59話 2012年10月 ランチパーティー
第60話 2012年11月 旧友との再会
第61話 2012年11月 ハルオJrデザイナーデビュー?
第62話 2012年11月 耕作放棄地対策を見せて
[2013/11/06 01:30 ] | 農園再生プロジェクト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
| ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。