屋久島農園再生プロジェクト

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
第36話 2012年6月 世代交代?
第36話 2012年6月 世代交代?


第35話 2012年5月 電気を通すためにのハイライト】
電気柵を使う準備を終えた父子。すべての農作業を無に帰す可能性のある害獣対策は重要なのであった。
事態は急展開を迎えようとしてるがそれを父子が知る由もないのである…。


―――2012年6月――― ハルオJrはある場所を訪れる。
息子:ハルオjr:「お!お疲れさーん。」


ナカラセ:「お疲れ様でーす。」


ryoma.jpg

解説:ナカラセくんとはハルオ父子と同じ原集落で農業を営む農家の息子です。ハルオJrよりもなんと10歳も若い!そのくせ冷静でしっかり者なのです。
彼は高校卒業後、鹿児島農業大学校で農業の基礎と理論を修め、優秀な成績で卒業しました。その後すぐに屋久島にリターン。祖父と父のもとで農業を始めます(手伝いから)。
ただ理論だけを追い求めるのでなく、植物の状態を見極めながら理論だてて栽培方法を構築していくのを得意としています。そのため、若いのに非常に頼りになり、ハルオJrも分からない事があると彼に質問や相談をしたりします。(ハルオJrは素人なので、基礎から教えてもらえるのは非常にありがたい)
知識量と理路整然とした説明から周りの農家も一目置く、農家サラブレッドなのです。
ちなみにハルオ父とナカラセ父は村づくりの盟友でもあります。



Jr:「今度の体験なんだけど、パッションの受粉をさせてもらおうと思ってさー。」


ナ:「イイっすよー。」


解説:この時ハルオJrが訪れた場所はナカラセくんのパッションフルーツのビニールハウスでした。ナカラセくんはぽんかん、たんかん以外にもパッションフルーツの栽培にも力を入れています。そして収穫したパッションフルーツはやまんこ売店でも販売しています。
今年は農業体験のモニターの方にパッションフルーツの受粉もしていただきました。



Jr:「そういえばさ、このパッションってナカラセくんの経営になんの?」


ナ:「そうですね。まあ、本格的に始まったのが今年からなんで。」


Jr:「オレより10歳も若いのにスゴイよね~。自分で経営するなんて。」


ナ:「ハルオJrさんも(有)原の里の代表じゃないですか。」


Jr:「まあ、オレの場合は取り締まられ役だからね。ハハハ。」


ナ:「フフフ。そういうもんすかね~。」


Jr:「農業関係の方はもっと全くだね。」


ナ:「自分である程度の範囲を任せてもらえたりしないんすか?」


Jr:「しないよ。任されてんのはプロジェクトの情報発信の部分かな。」


ナ:「へ~。そうなんすか。今年からウチは経営全部ボクになるっすよ。」


DSC_0008.jpg


Jr:「マジ!?(オレより10歳も若いのに!?)」


ナ:「はい。親父もやりたいことがあるからですね。」


解説:ナカラセくんが屋久島に帰って来たのはハルオJrより数か月早いだけです。だから、そのスピードっぷりにビックリしているわけです。


Jr:「ええ?ナカラセ父さんはそれでいいって!?」


ナ:「はい。まあウチは基本放任主義だし、親父もそこまで農業100%できたわけじゃないですからね。」


Jr:「信用されてんだね。」


ナ:「うーん。普通じゃないですか?」


Jr:(すげーなー。農業の勉強してきてるからな~。ん…もしかしてオレが信用されてないだけ?)


Jr:「そうかな~?ま、とにかく体験当日よろしく。」


ナ:「はい。了解です。」


―――その日の夜―――
Jr:「…というような感じで、ナカラセくんに経営が移るんだって。」


父:ハルオ:「ふーん。」


Jr:「…。」


母:「まあ、ナカラセくんは農業の勉強して帰って来てるからね。」


Jr:(それにしても、10歳下だからな…。)


母:「いずれアンタもそうなるよ。」


Jr:「ああ。(なんだかオレの方がナカラセくんより年下みたいだわ…。)」


Jr:(なんかこのままじゃイカンような気がしてきた。プロジェクトだってもっと進化させていきたいしな~)


父:「…。」


自分より年下のしっかり者ナカラセくんに後れを取ったような気がして違和感と焦りを感じる息子。
それに対し、何も言わない父。父子の関係が変わろうとしているのだが、この時は知る由もない。
次回"第37話 無視できない存在"に続く。


登場人物


yoshimasa父:ハルオ


tonmo201110 (3)息子:ハルオjr


バックナンバー
第1章 「農園再生導入編」まとめ(第1話~第14話)
第2章 「プロジェクト始動編」まとめ(第15話~第25話)
第26話 2011年12月 第一号モニター
第27話 2011年12月 平地と斜面
第28話 2011年12月 息子よ、サポートメンバーは集まっているか
第29話 2012年3月 こだわりの土づくり
第30話 2012年3月 土作りの次は栄養を
第31話 2012年4月 予想外のスピード
第32話 2012年4月 太陽の恵みを取り込め
第33話 2012年4月 激論!父vs子
第34話 2012年5月 いつもの作業風景
第35話 2012年5月 電気を通すために
スポンサーサイト
[2012/08/25 00:32 ] | 農園再生プロジェクト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
第35話 2012年5月 電気を通すために
第35話 2012年5月 電気を通すために


第34話 2012年5月 いつもの作業風景のハイライト】
屋久島で農業をやる以上避けて通れない頻度の高い草払い。それはいつもの光景であった。
その作業をこなしつつ、害獣対策(の準備)に取り掛かる。


―――2012年 5月―――

父:ハルオ:「サルとシカが最近増えているらしいから、対策をせねばいかん。」


解説:屋久島には固有種である、ヤクザルとヤクシカがいます。その昔は「屋久島は人2万、サル2万、シカ2万(住んでいる)」と言われるほどだったそうです。しばらくの間、原集落はサルもシカも里部ではあまり確認されていませんでしたが、最近目撃例が増えています。個体数が増えているのか、居住エリアが変わったのか専門家でも意見の分かれるところであり、詳しくは分かっていません。
いずれにしても農業にとっては実や木の皮などを食べてしまう「害獣」ということになるので、対策をしなければならないのです。


息子:ハルオjr:「再生農園にはもともと電気柵が設置されてるんだから、それを使えばいいんじゃないの?」


解説:電気柵とは、フェンスを設置しその上に電線を張り、電気を流す害獣対策のことです。主にサル用の対策でしたが、フェンスそのものがシカにも効果があるのではないかと言われています。


父:「それはそうなんだが、使える状況ではないからな。」


tuyoponedaharai201204 (3)


子:「あちゃー。完全に外側から木が生い茂って柵に被さってるわー。フェンスの内側(農園側)は整備したけど、外側のやぶは手を着けてないからね。ツタもからまってエライことになってるし。」


父:「ツタは一日で何とかなるとして、被さっている枝は大がかりな作業になるな。」


子:「えー。そりゃ大変だ。」


父:「…何を言ってるんだ?お前がやるんだぞ。父さんは他の仕事があるからな。」


子:「…え?これ全部?」


父:「まあ、150メートルくらいだな。」


gakkusi.jpg


父:「じゃあ、頼んだぞ。」


子:「…仕方ない。やるか。」


tuyoponedaharai201204 (2)


解説:この作業は安全性を考慮して全て手ノコで行いました。小さくて持ちやすく、何かと使える果樹農家には必須のアイテムなのです。


tuyotanedauti201204.jpg


子:(足場が斜面だから安定しないなぁ。それにしても、なんでこんなに生えてんだよ雑木…。あー帰りたい…。)


―――数時間後―――

子:(あれ?オレ枝払うの結構上手くない?おっと、なかなかの強敵がいやがる!…なんか楽しくなってきた。)


解説:何の作業でもそうですが、慣れて気分がのってくると楽しくなってきたりします。(あくまでハルオJrの場合)気分がのるまではひたすらメンドクサイと感じることもあるのは人の性ですよね?


―――さらに翌日―――

tuyoponedaharai201204 (1)


子:(あー、やっと終わった。うーん、達成感!!)


父;「終わったな。これでいつでも電気柵使えるな。」


子:「え?今使うんじゃないの?」


父:「今のところ、目撃談が何件かあるくらいのレベルだから、柵で囲んであればとりあえずはいいだろう。」


子:(頑張ったのに…。)「そうか。」


父:「備えあれば憂いなしだからな。」


子:「だね。」



こうして、害獣対策の準備は整ったのだった。
栽培の努力が水の泡になってしまうこともある害獣問題は深刻なのである。
思いもかけないところから事態は急展開をむかえる。
次回"第36話 2012年6月 世代交代?"に続く。


登場人物


yoshimasa父:ハルオ


tonmo201110 (3)息子:ハルオjr


バックナンバー
第1章 「農園再生導入編」まとめ(第1話~第14話)
第2章 「プロジェクト始動編」まとめ(第15話~第25話)
第26話 2011年12月 第一号モニター
第27話 2011年12月 平地と斜面
第28話 2011年12月 息子よ、サポートメンバーは集まっているか
第29話 2012年3月 こだわりの土づくり
第30話 2012年3月 土作りの次は栄養を
第31話 2012年4月 予想外のスピード
第32話 2012年4月 太陽の恵みを取り込め
第33話 2012年4月 激論!父vs子
第34話 2012年5月 いつもの作業風景
[2012/08/11 23:33 ] | 農園再生プロジェクト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
| ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。